APA

社団法人 日本広告写真家協会

トップページ サイトマップ English

ニュース

APAについて

APAアワード

美術授業にカメラ

会員情報

支部リンク

ダウンロード

APAアワード 広告作品部門 写真作品部門
広告作品部門
実際に世の中に流通した広告を、「心を動かす作品」という観点から審査します。
広告とは常にその時代を反映し、更に様々な形へと変化し続けていくもの。それゆえに「何が心を動かすのか」という点も、時代と共に移り変わります。新しい表現性。シンプルな美しさ。商品を最大限に際立たせるスキル。それらを駆使して形成された、今の広告作品を募集します。
日本の広告は世界から注目されています。 この部門ではまず、「年鑑日本の広告写真2009」に掲載する事を目的とし、さらに選抜された作品は国内外でも展示されます。

■美しい日本賞
広告作品部門に「美しい日本賞」を設けます。
これは日本各地の観光ポスターなどから、心を動かす日本の風景を表現した広告作品を募集し、審査いたします。

■募集作品
2007年1月1日から2008年8月31日までに新聞、雑誌、ポスター、カレンダー、パンフレット、DM、レコードCDジャケットなど制作された印刷物を対象とします。写真を中心に制作された広告作品を望みます。

■応募資格
フォトグラファー、広告主、CD、AD、デザイナー、コピーライター、プロデューサー、その他制作・発表に携わったクリエイティブスタッフならば、どなたでも応募できます。

■応募期間・締切
2008年9月1日(月)〜9月29日(月)必着。 締切期日までに到着の作品のみ受付。
※ただし、9月28日(日)、29日(月)の2日間、13:00〜16:00にAPA事務局にて直接受け付けます。

■賞
【経済産業大臣賞/1作品】賞状 記念品 賞金100万円
【特選賞/1作品】賞状 記念品 賞金20万円
【優秀作品賞/3作品】賞状 記念品 賞金5万円
【美しい日本賞/1作品】賞状 記念品 賞金5万円
【入選/約100作品】
※賞は広告作品に対して与えられるものです。

■留意事項
広告作品の返却は致しません。
入賞・入選作品は『年鑑日本の広告写真2009』に収録されます。
さらに選ばれた作品は第37回社団法人日本広告写真家協会公募展「APAアワード2009」に展示されます。
年鑑の制作は、応募されたプリントが原稿になります。
展示する作品サイズ、選抜者は会場効果を考慮し決定いたします。
APAアワードは国際交流展を念頭に公募しています。入賞・入選作品は日本を代表する優秀作品として海外店の対象になります。タレント・クライアント等の不都合で海外展示が不可能な場合は、応募票と作品目録の海外展示不可にチェックを入れて下さい。
「APAアワード2009の」入賞・入選作品は、雑誌、ウェブ、その他に掲載・紹介される事がありますのでご了承下さい。
応募作品の取り扱いは十分注意しておりますが、不可抗力等による事故に対する責任は負いかねますのでご了承下さい。
第三者の肖像及び著作権等を含む応募作品に関しては、当該権利者からの事前の使用許可、承認を得た上で応募して下さい。
応募作品の利用によって生じた応募者及び第三者に生じた一切の損害について当協会は一切の責任を負わないものとご了承下さい。
本応募要項に反する場合や応募条件を満たさない場合、その他当協会が不適当と判断する場合は応募を無効とし応募作品を削除させて頂く場合があります。
応募者は応募上の注意、応募規定など全て了承したものとみなし、これらに反すると認められた時には入賞(入選含む)を取り消す場合もあります。

■審査委員
委員長 鈴木 英雄 (社) 日本広告写真家協会 副会長
  寺尾 睦男 (社) ACジャパン 相談役
  坂田 大作 (株) 玄光社 コマーシャルフォト 編集長
  副田 高行 東京アートディレクターズクラブ 会員
  岩崎 俊一 東京コピーライターズクラブ 会員
  福田 繁雄  (社) 日本グラフィックデザイナークラブ 会長
  飯沢 耕太郎 写真評論家
  経済産業省担当者(予定)
  中村 成一 APA正会員
  馬場 道浩 APA正会員
  善本 喜一郎  (社) 日本広告写真家協会 出版情報事業部部長
  ※審査委員は都合により変更される場合があります。
▲ページ上部へ
※このウェブサイトに収録されている文章・写真の著作権は当協会または各制作者にあります。(C)2004 japan advertising photographers' association. All Rights Reserved.