APA

社団法人 日本広告写真家協会

トップページ サイトマップ English

ニュース

APAについて

APAアワード

美術授業にカメラ

会員情報

支部リンク

ダウンロード

2006年
2006.05.12 平成18年度入会 正会員の紹介
 
氏名 所属 地域 詳細
岩浪 睦   北海道 詳細
宇津木 圭   北海道 詳細
高口 裕次郎 K.P.O 福岡 詳細
佐久間 新   東京 詳細
白谷 賢 白谷賢写真事務所 大阪 詳細
諏訪 光二 ライトパーティー 東京 詳細
鳴海 寿一   青森 詳細
南雲 暁彦 凸版印刷(株) 東京 詳細
西島 善和 nest.701 福岡 詳細
平山ジロウ グラヴィティ グラフィックス 東京 詳細
深澤 明 (株)スタジオ バク 愛知 詳細
松葉 理   東京 詳細


NO IMAGE
岩浪睦
「計根別旧陸軍飛行場跡」
心に響く作品を 撮り続けたいと思います
NO IMAGE
宇津木 圭
「My work」
札幌コマーシャルフォトの宇津木です。
APAに入会するきっかけになったのは「年鑑日本の広告写真」 「APA公募展」に入選する事が出来た事と 広告写真を北海道から世界へ発信出来る事にも興味があるので日本の広 告を知り尽くしているAPAに興味が沸き入会するきっかけとなりました。
いつも撮りたい被写体に出会った瞬間はとても感激するしドキドキし嬉 しくてニヤニヤしてしまいます。 写真バカ中毒は慢性化しつつあり今後も悪化する一方のような気がしてますがこれも運命ですね。 今後も精進しながらスタジオ撮影ロケ撮影もがんばるぞっ。34歳

utsuki@sapporo-cp.co.jp

株式会社 札幌コマーシャルフォト
デジタルスタジオチーム
http://www.sapporo-cp.co.jp/
NO IMAGE
高口 裕次郎
「pressed flower」
限りある花の美しさを違った容で留めようと凝らしてみました。
今年度新入会員となりました。
私にとって最後の新人と言う名のもと、新たなるスタートをきりたいと思います。
今後共、宜しくお願い致します。
NO IMAGE
佐久間 新
「ATTUNE」
何を見てどう切り取るかを大切にしたいと思っています。
目には見えないことを感じ取りたいと思っています。

s-sakuma@d7.dion.ne.jp
NO IMAGE
白谷 賢
「ココロ」
渓流はとてもステキです。
必ずカメラを持って行きたくなります。
流れの音を聞いているとシアワセな気持ちになれます。
常にそうありたいと思います。

ken_shiratani@variograph.com
NO IMAGE
諏訪 光二
「緑清水」 そこに窓があるように、目に映るシーンを切り撮って行きたいと思っております。

http://www.LightParty.jp/
http://www.sharyu.jp/
鳴海 寿一
「nostalgia(ノスタルジア)」
異郷にいて、故郷を懐かしむ気持ち。また、過ぎ去った時代を懐かしむ気持ち。 今を今としてだけではなく、時間も場所も解き放ったところに、憧れを感じた。映像を通してそんなことが表現できたら。 この作品はヘアーメイクアーティストとのコラボレーションです。

bird@abox6.so-net.ne.jp
南雲 暁彦
「POLA WHITE SHOT W ポスター」
クライアント POLA化粧品

http://www.ne.jp/asahi/lens/nag/
西島 善和
「profile」 27年間、住みなれた東京から故郷の福岡に戻って2年です。
運転しているとスタッフにバカにされます。 なにせ、道が変わりすぎてて、よく迷うんです。

info@nishijima-studio.com
http://www.nishijima-studio.com
平山ジロウ
「(gravity graphics) グラヴィティ グラフィックス」
「gravity」 gravityとは重力と言う意味の他に、重みのある、尊厳のあると行った 意味が 含まれています。重みを感じられる写真を撮って行きたいです。

jiro@gravity-graphics.com
http://www.gravity-graphics.com
深澤 明
「青と白、そして夢」
空の青と雲の白。 それが撮りたくてカメラを持った。
自分の写真の原点。 夢は近づきつつあるときに語ると思います。

fukazawa@st-baku.co,jp
ホームページ http://www.st-baku.co.jp
ブログ http://blog.akiragogo.com
ブログ http://tsubasa.akiragogo.com
松葉 理
「in-out」
欲望は満たされた時に空になる。
内側にあるものをうまく表現できないもどかしさが面白のかも。
満たされるまで長くゆっくりと、楽しみたい。
 
記事一覧へ戻る ▲ページ上部へ
※このウェブサイトに収録されている文章・写真の著作権は当協会または各制作者にあります。(C)2004 japan advertising photographers' association. All Rights Reserved.