APA

社団法人 日本広告写真家協会

トップページ サイトマップ English

ニュース

APAについて

APAアワード

美術授業にカメラ

会員情報

支部リンク

ダウンロード

2018年
会長新年挨拶
 

大きく舵を切る


あけましておめでとうございます。皆様には輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
おかげさまでAPAは1958年6月27日の創立から今年で60周年を迎えます。これもひとえに、これまでのAPAの歴史と伝統を築いてこられた諸先輩方のご尽力と、会員及び関係団体、業界の皆様のご指導ご支援の賜物と、深く感謝申し上げます。

創立当初、APAは広告写真家の親睦団体としてスタートしましたが、日本経済の高度成長の只中にあって、広告そのものも独自の進化を遂げ、大きく発展して行きました。宣伝広報の枠を越えて広告が文化となりアートとなって世の中の耳目を集めた時代でした。やがてテレビの普及により、広告は動画を中心として更に大きな規模の経済活動に変貌して参りました。と同時に購買に直接繋がるアプローチが増えていったような気がします。

このように目まぐるしく変わる社会情勢に、1989年には社団法人設立、2012年には公益法人設立と、その組織を変えて対応して参りました。そして今、APAは新たな局面を迎えようとしています。デジタル化の急激な進歩による広告業界の再編成により、広告写真家のあり方そのものが大きく変わろうとしています。APAが今後この変化に対応するためには、さらに大きく舵を切る「APAを変えていく」時期に来ていると考えます。

今年は、現状を踏まえて各事業のあり方を見直しながら、この「APAを変えていく」準備段階として創意工夫して臨みたいと思います。今まで築いてきたAPAブランドに新たなAPAブランドを築き上げていく所存です。皆様には、今後とも変わらぬご指導ご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。 末筆ながら会員の皆様、業界及び関係団体の皆様のご発展とご多幸をお祈りいたします。


公益社団法人日本広告写真家協会
会長 白鳥 真太郎
 
記事一覧へ戻る ▲ページ上部へ
※このウェブサイトに収録されている文章・写真の著作権は当協会または各制作者にあります。(C)2004 japan advertising photographers' association. All Rights Reserved.