APA

社団法人 日本広告写真家協会

トップページ サイトマップ English

ニュース

APAについて

APAアワード

美術授業にカメラ

会員情報

支部リンク

ダウンロード

2019年
会長新年挨拶
 

新しい年を迎えて


あけましておめでとうございます。皆様には輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。おかげさまでAPAは昨年、創立60周年を迎えることができました。私は入会して45年になりますが、これまでを思うと協会の設立に奔走された諸先輩方、運営に協力して下さる会員の皆様、ご厚情を賜る関係団体・各社様のお力添えあって迎えられた60周年だとしみじみ感じます。皆様に厚く御礼申し上げます。

この60年間で写真と広告における環境は激変しました。印刷からテレビへ、そして時代はウェブへと向かい、今後また新たな媒体も生まれてくるかもしれません。昨年の年始の挨拶で、急激なデジタル化の進歩により広告写真家のあり方そのものが大きく変わろうとしていると申しました。APAはフォトグラファー以外に動画やCGクリエイター部門の創設も踏まえ、広告を総合的に捉えていく必要が出てきました。

それに伴いAPAという組織も変革する時期に来ていると判断し、昨年、各支部において「APAの未来を考える会」という時間を設けました。その場では地域差、年齢差によって様々な意見が寄せられています。上記のような会員個々の力の飛躍とAPAの運営の強化を追求すべく今年も開催いたしますので、皆様には積極的にご参加頂き忌憚ないご意見を頂けましたら幸いです。

そうして、皆様から頂いたお声を踏まえて各事業の在り方を見直しながらAPAを変えてゆき、新たな入会希望者が増えるような魅力あるAPAブランドを築き上げていく所存です。本年も変わらぬご指導、ご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

末筆ながら、会員の皆様、業界及び関係団体の皆様のご発展とご多幸をお祈りいたします。


公益社団法人日本広告写真家協会
会長 白鳥 真太郎
 
記事一覧へ戻る ▲ページ上部へ
※このウェブサイトに収録されている文章・写真の著作権は当協会または各制作者にあります。(C)2004 japan advertising photographers' association. All Rights Reserved.